【川崎舞莉】何故、此処にこの女性はいるのだろう…と考えてしまう…