【里美まゆ】だけど、大家さんの息子が私の事をイヤらしい目つきで見つめてくるのです…