【神ユキ】人の役に立つ仕事がしたいと、目を輝かせながら語る彼をユキは応援してあげたいと思った