【坂本愛海】嫉妬心と罪悪感に駆られながらも僕は他の男との行為を覗き見ていた